ダイエットには何が最適?牛タンと他の部位のカロリーの違い

牛タンのカロリー

現代人の摂取カロリー量はどんどんと減っていっていると言ってみても、世間を見渡せば肥満傾向や太り気味にある方が多いのは事実。そのため、健康管理を行うとともにダイエットをしなければならないのは言うまでもないでしょう。しかし、そのダイエットを行うためには適切な食生活を心掛けなければならず、ダイエットに最適な食材を食べる必要がでてきます。そのダイエットに適している食材として何が最適なのかというと、私としては牛タンをオススメします。なぜならば、牛タンと他の牛肉の部位のカロリーを比較してみると、かなりの違いがあるからです。

牛タンは食材全般から見てみるとその多くが脂質によって構成されている食材です。しかし、そこに含まれている脂質の量としてはそれほど多くないことから、ダイエットには向いている食材になります。それに、牛肉の他の部位であれば牛タンに比べて何倍もの脂身を含んでいますので、必然的にカロリー数は高くなってきます。

詳しくはこちらの記事へ
→ 牛タンを海外で食べたい場合の頼み方

しかし、牛タンは牛のメジャーな部位に比べて脂質の量は少ないため、ダイエット食としての有効活用ができる部位です。

ではどれくらいの違いがあるのかというと、カルビなどの脂がのっている部位と比較すると、牛タンはその10パーセント程度の脂質割合であると考えていいですので、相当ダイエットに向いている食材であると捉えられるのではないでしょうか。それに上質な牛から取れた牛タンであれば、そこに含まれている脂身はオレイン酸という太りにくいタイプの脂分で構成されていますので、より太りにくくダイエットに最適な食材にもなります。

牛タンは肉の中でもカロリー数が低い代表的な部位ですので、ダイエットをしたいと思っていながらも肉が食べたい方にとってかなりオススメな一品です。そのため、糖質制限などのダイエットの一環で牛のその他の部位を食べるよりも、できるだけ牛タンを食べることが良いと判断できるでしょう。