牛タンを海外で食べたい場合の頼み方

牛タンの頼み方

牛タンは日本の焼肉店だけで食べられるものではなく、一部の海外でも食べることができる一品です。海外に出てまで牛タンを食べたくなるということはあまりないかもしれませんが、時と場合によっては猛烈に牛タンが食べたくなってきて海外でも牛タンが食べたいという意思表示をしなければならない状況に陥るケースもあるでしょう。しかし、海外であれば日本とは勝手が違いますので、牛タンをどうやって頼めばいいのかわからないということにもなります。それでは牛タンを海外で食べたい場合の頼み方はどのようにすればいいのでしょうか。

海外での牛タンの頼み方を考える前に、まず牛タンの英語名を知っておくべきかもしれません。というのも、牛タンの英語名さえしっておけば、それを一般的な英語に落とし込むだけで簡単に海外でも牛タンを頼んで食べることができるようになるからです。ではその牛タンの英語名はどのように表現されるのかというと、「Beef tongue」と書き表します。
(参考:彼氏と牛タンについて口論になった話

そのため、もし牛タンを海外で食べたくなったときの場合の頼み方としては、「Please beef tongue.」と書いたメモを店員さんに手渡すだけで十分です。

しかし、メモが無かったり口頭で牛タンを頼みたかったりするような場合はどのようにすればいいのかというと、先ほど書いた英語表記を単純に口頭で伝えるだけで大丈夫です。tongueという単語の読み方が分からないかもしれませんが、この単語は日本語と同じで「タン」と発音します。ですから、カタカナ語で表せば「プリーズ ビーフ タン」と言うだけでも海外で牛タンを頼むことができるでしょう。

海外で牛タンを頼む機会はおそらくそれほど多くは無いと思いますが、もしも、万が一、そのような状態になったのであれば是非とも上記のような頼み方をしてみてください。とてもシンプルな頼み方ではありますが、確実に海外でも牛タンを頼めるはずです。