本場の味をお取り寄せ!仙台名物「牛タン」を楽しむためのポイント

厚切り牛タン
LINEで送る
Pocket

牛タンの本場といえば、やはり仙台ですよね。そんな仙台名物の牛タンは、ご当地に出向かなくてもお取り寄せができます。

その本場の仙台牛タンの味を120%楽しむために、大切なポイントをお伝えしていきます。

お取り寄せの前にプランを立てよう

どんな食べ方をしたいか確認

どのような物事についても同じですが、仙台牛タンをお取り寄せして楽しむためにも、まずはそのプランニングから始めましょう。そのプランとして、まずどのような食べ方がしたいかを確認してください。

牛タンはシンプルに焼いて食べるだけではなく、牛タンを使った派生料理も沢山あります。そのような幅広いメニューのお取り寄せ商品がラインナップされていますので、迷わないためにも食べ方を決めておくことは重要です。

自分でじっくり考えたり家族と話し合ったりして、どの方向性で牛タンを楽しむかを検討しましょう。

お取り寄せする牛タンの種類を決める

どんな食べ方がしたいかが決まれば、次にお取り寄せをする牛タンの種類を決めてください。これは意外と重要なポイントです。

とにかく手間なく食べたいと考えている方は、あらかじめカットや味の仕込みが行われた牛タンを取り寄せると便利です。逆に自分で自由にカットしたり味付けしたりしたいという場合は、ブロックの牛タンを取り寄せるのも良い方法です。

その他にも牛タンハンバーグ、ソーセージ、しゃぶしゃぶなど様々なタイプの商品があるので、食べ方の方向性によって最も適した商品を選びましょう。

さらに美味しくなる調理のワンポイント

牛タンは調理前に解凍しておく

お取り寄せをした牛タンは、基本的には冷凍された状態でお家に届きます。ここで注意していただきたいポイントであるのが、調理前の解凍です。

冷凍されたままの牛タンは、肉の中心部まで温度が下がってしまっているため、調理をする際に熱が伝わりにくくなっています。その状態では上手に調理ができないので、美味しい牛タンを食べるためには解凍が欠かせません

それに分厚い牛タンを食べるような場合は、解凍した状態でさらに常温で30分程度置いておき、自然な肉の温度に近づけるようにするのもポイントです。

加熱調理で気をつけるポイント

牛タンを美味しく食べられるかどうかは、加熱をする際に決まってきます。この部分で気をつけるべきポイントを押さえておけば、お取り寄せの牛タンをかなり美味しく食べられます。

まず牛タンを焼いて調理する場合、肉の中心までしっかりと火を通すという基本を踏まえつつ長時間焼き過ぎないことを意識してください。あまり長く焼きすぎると、肉質が硬くなってしまうことがあります。

次に牛タンシチューなどの煮込み料理の場合は、焼きの時とは逆でじっくりと肉を加熱して柔らかくなるまで煮込んでください。そうすることで、その料理に合わせた牛タンの美味しさを引き出せます。

一手間かけて120%の美味しさを出そう

炭火で焼く

お取り寄せした牛タンはもう一手間かけて調理することで、120%のクオリティで食べることができます。その一手間としてまず挙げられるのが、炭火で焼く方法です。

炭火で焼くためには、七輪や炭、焼き網などを用意しましょう。それで火を起こし、焼き網の上でちょうど良い茶色になるまで牛タンの両面を焼いてください。

フライパンなどの調理器具で熱するのとは違い、炭火からの直火で加熱することで遠赤外線を牛タンに当てられます。遠赤外線は肉をより柔らかく焼くことができる方法なので、柔らかい仙台牛タンをさらに柔らかく焼き上げることができるのです。

最適な調味料を探す

仙台の牛タンは品の高い肉質であることから、まずはそのままの塩味やタレ味などのシンプルな味付けで食べてみてください。そして次に最適な調味料を自分で見つけて、様々なアレンジの食べ方をするとより牛タンを楽しめます。

スタンダードな牛タンに合う調味料としては、一味唐辛子や七味唐辛子があります。その他にも柚味噌やポン酢、ワサビなど、牛タンに合いそうなご家庭の調味料は色々と考えられます。色々と試してみることで、自分が美味しいと感じる牛タンに相性の良いものに巡り会えるはずです。

ベストな相性の調味料が見つかれば、他の人にはできない自分だけのお取り寄せ牛タンの楽しみ方を作ることができるでしょう。

まとめ

牛タンは仙台に直で食べに行くのが最も美味しいですが、お取り寄せであったとしてもその品質は本場の味に限りなく近いです。さらに届いた牛タンの解凍や加熱、調理方法などに気をつけることで、より美味しく頂くことができます。

「なかなか仙台には行けないけれど本場の牛タンが食べてみたい」という方は、自分の希望する牛タンを取り寄せて今回ご紹介したポイントを意識しながら楽しんで食べてください。

その他の牛タンに関する記事はこちら → 牛タンに合う宮城の地酒を紹介!

おすすめ記事