仙台で牛タンが食べたい!地元民がオススメする名店5選

LINEで送る
Pocket

仙台と言えば牛タンです。しかし仙台には多くの牛タン店舗があるため、「牛タンが食べたい!」と思っても、どの店に入ればよいのか迷ってしまいますよね。

どのお店が美味しいか、それは地元民が一番知っています。そんな地元民がオススメする、仙台牛タンの有名店を5つ選抜してご紹介いたしましょう。

旨味 太助

仙台牛タンの元祖

旨味 太助の先代である佐野啓四郎という人物は、現在の仙台における牛タン料理を確立した創始者です。そのため旨味助けでは、その元祖とも言えるべき牛タンを食べることができます。

牛タンの味はもちろん、店舗の雰囲気自体も牛タンが生まれた頃の面影を残しているため、仙台に来たならばまずは行ってみるべき牛タンのお店です。

基本に忠実な味付け

旨味 太助で提供されるメニューの特徴は、なんといっても基本に忠実な味付けです。しっかりと塩で熟成された牛タンを、炭火でサクッと焼き上げています。

奇をてらわず、シンプルな味付けであるのに深い味わいという、元祖ならでわの牛タンの味を堪能することができます。

味の牛タン 喜助

三つの味で楽しめる

味の牛タン 喜助で出てくるメニューの目玉であるのが、三つの調味料で楽しめる牛タンです。その三つの調味料であるのが、スタンダードな牛タンの味付けである塩、赤ワインを使用したタレ、ご当地仙台で作られた味噌を使ったブレンド味噌です。

それぞれの調味料によって、違った牛タンの魅力を発見することができるお店だと言えるでしょう。

牛タンしゃぶしゃぶも魅力的

牛タンは焼いて食べるだけの料理ではありません。味の牛タン 喜助では、牛タンのしゃぶしゃぶというメニューも提供しています。

普通の牛タンではしゃぶしゃぶとして食べるのは難しいですが、このしゃぶしゃぶでは希少な霜降り状の牛タンが使われるので、今まで感じたことのない牛タンを食べることができるでしょう。

たんや善治郎

昔ながらの牛タン店

仙台でしか味わうことのできない、昔ながらの牛たん屋さんがたんや善治郎です。仙台の伝統である「手仕込み」ならではの味わいが特徴。お弁当やお土産も充実しています。

職人の技が光る

牛タンのなかでも、焼くのに適した部位を選別し、切込みを入れ、塩を振り込んで熟成させる手法が魅力です。

粗挽き塩の手振り、備長炭を使って強火で一気に焼く焼き方、柔らかく噛みやすい食感を生み出す職人の手切り。技術を受け継いできたからこそ出せる、仙台伝統の牛タン焼きはおすすめです。

牛タン 一福

味噌漬け牛タンが有名

牛タン 一福でぜひ食べていただきたいのが、味噌漬け牛タンです。

風味の強い仙台味噌をベースにした味噌だれに漬け込むため、個性的で美味な牛タンの逸品となっています。味噌漬け牛タンを開発したのはこのお店であるため、元祖味噌漬け牛タンの風味を感じるために訪れる価値はあります。

牛タン刺身が食べられる

牛タンは基本的に、焼く・煮るなどによって火を通して食べるものです。しかし、牛タン 一福では生の牛タンを刺身として出してくれます。

牛タンの刺身は鮮度が高いのはもちろん、脂身の多い美味しい部位であることが求められます。牛タンの刺身が食べられるのは、それだけこのお店で提供されている牛タンの品質が高いことの証明となっています。

伊達の牛たん本舗

芯タンを使った牛タン

伊達の牛たん本舗では、牛タンの中で美味しい部位を独自の基準で「芯タン」と定義しています。その芯タンを使って作る牛タンは、安定した美味しさがあるのが特徴です。

そしてその芯タンの柔らかい肉質を生かして、カットの幅も分厚いです。その肉の厚さから、しっかりとした噛みごたえ・食べごたえを感じることができます。

高級牛タン弁当も嬉しい

牛タン料理は店舗内でしか食べられないと思い込んでいませんか?伊達の牛たん本舗では、高級な芯タンを使って牛タン弁当も作ってくれます。さらに通常の弁当だけではなく、釜飯も弁当として持ち帰ることができます

移動しながら牛タン料理を食べたいという方はもちろん、予約もできるので会合などの食事に牛タン料理を用意するという時にも嬉しいお店です。

まとめ

仙台の牛タン専門店は、それぞれを深く見ていくと牛タンの味付けの違いやメニューの違い、店舗の雰囲気の違いなど各々に特徴が存在しています。

今回ご紹介したお店は、地元民としては鉄板のオススメですので、各店舗の特徴に着目しながら食べたいと思ったお店に行ってみてください。確実に美味しいと感じる牛タンに出会えるでしょう。

その他の牛タンに関する記事はこちら → 本場の味をお取り寄せ!仙台名物「牛タン」を楽しむためのポイント

おすすめ記事